農作物病害虫データベース

疫病(野菜/ピーマン)

疫病

病徴と診断

葉、茎、果実に発生し、時には根にも発生する。ハウス内では地ぎわまたは根部が侵され立枯症状を呈する場合が多い。露地では地上部の茎葉が侵されやすい。葉では暗緑色水浸状の大形病斑を形成し、拡大すると落葉しやすい。果実でも水浸状を呈するが、そのまま軟化して、後には褐変乾枯する。

発病条件

病原菌は、 トマトと同様べん毛菌類であるが、種は異なる。ナス科の他ウリ科にも病原性を示す。 本菌は卵胞子の状態で土壌中に残存し、伝染源となる。 比較的高温を好み、菌の発育適温は28℃ ~30℃ である。高温多湿条件で発生しやすく、特に浸水したり多潅水すると急激に発病が進展する。

防除方法

1.薬剤防除は、初期防除が肝心である。
2.高うね栽培する。
3.ナス科、ウリ科作物以外で輪作する。
4.多発圃場では土壌消毒する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.