農作物病害虫データベース

青枯病(野菜/ナス)

青枯病

病徴と診断

露地栽培で収穫の始まる盛夏の頃から病徴が現れ、株全体または一部が、病名のとおり青いまましおれる。数日間ぐらいは、朝夕や雨の日は回復するが、やがて回復しなくなって枯死に至る。この経過は急速に進むのが特徴である。根は、初め細根や支根が褐色~黒褐色に変色するが、次第に根全体が変色して腐敗して細根はなくなる。地ぎわ部の根や茎を切断すると維管東部が少し褐変していて、その部分から乳白色の細菌粘液がにじみでてくる。

発病条件

病原菌はトマト青枯病菌と同じ細菌であり、したがって発病条件も同じである。病原細菌は罹病残渣とともに土中に残存し、土壌伝染する。土中での生存期間は土壌水分条件によって、大きく左右される。本菌は多犯性でトマト、ピーマン、タバコなどナス科作物をはじめ、100種以上の植物を侵す。 病原細菌はナスの根の周りで増殖し、根の傷口から侵入する。発病は20℃ を越える頃から始まるが、 トマトの場合と同様、夏期高温時に発病が多い。

防除方法

1.トルバムビガー、アシスト、カレヘン、 トレロ等の抵抗性台木に接ぎ木する。ただしナスを侵す青枯病菌は5つの菌群に分かれ、品種ごとにそれぞれ発病させる菌群があるので注意を要する。また土壌の菌密度が高かったり、地温が高い場合は抵抗性台木でも発病する場合がある。
2.発病株は抜き取る。
3.管理作業の刃物でも伝染するので、刃物も消毒する。
4.寒冷紗被覆や、敷わら等により、地温の上昇を抑える。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.