農作物病害虫データベース

半身萎凋病(野菜/ナス)

半身萎凋病

病徴と診断

苗床の末期ごろから発生することもある。初め下葉の一部の葉脈間が黄化してしおれ、葉縁のところどころが巻きあがる。それらの症状は葉の主脈を中心として片側だけに現れることが多い。しかし病勢が進むと他の片側にも同様の症状が現れる。これらの症状は次第に上位葉に及ぶが、典型的な病徴のものでは、株の片側だけに症状がみられ、やがて病勢が進むと株全体が枯死する。発病株の茎や葉柄を切断してみると導管が褐変している。

発病条件

病原菌はトマトと同じ不完全菌類の一種である。やはり地温22℃ ~26℃ の時期に発生しやすく、夏期高温時には発病は抑えられる。病原菌は被害植物の残渣中に微小菌核を形成し、菌核の状態で土壌中に残存して伝染源となる。土壌中での菌核の生存は長い。

防除方法

1.抵抗性の台木を用いる。
2.多発圃場では土壌消毒する。
3.連作は避ける。病原菌の宿主となる作物は、輪作に用いない。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.