農作物病害虫データベース

べと病(野菜/キュウリ)

べと病

病徴と診断

キュウリでは、うどんこ病とともに最もよく発生する病害で露地、施設を問わず発生する。
葉だけが侵される。初め淡黄色で葉脈に区切られた角形の病斑を生じる。湿度が高いときには、病斑の裏面にすす状のかびを生ずる。病斑が多数形成された葉はやがて黄化し枯死する。
本病の病斑は斑点細菌病と間違えやすいが、多湿のときには葉裏にかびが発生し、病斑の組織は斑点細菌病など薄く白っぽくならない点で区別できる。

発病条件

病原菌はべん毛菌類の一種で、絶対寄生菌である。分生胞子により飛散、伝染し、葉の気孔から侵入する。気温が20℃~24℃ 程度で、多湿条件下で発病しやすい。露地での降雨が発病を助長させる。肥料切れや、栽培管理不十分で草勢が衰えた場合にも発病しやすくなる。

防除方法

1.ハウスではできるだけ換気を良くし、過湿にならないようにする。
2.肥培管理では肥料切れにならないようにする。
3.薬剤防除は手遅れにならないよう発生初期から行う。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.