農作物病害虫データベース

斑点細菌病(野菜/キュウリ)

斑点細菌病

病徴と診断

主として葉と果実に発生するが、茎や葉柄も侵す。葉では、初め水浸状の小斑点を生じ、次第に大きくなり、淡黄色・多角形の病斑となり、のちに灰白色となり破れて穴があきやすい。病斑の裏面はじめはしっていることが多いが、乾くと白色になるので、べと病と区別できる。果実では褐色小円形の病斑を生じることが多いが、湿度の高いときには軟化腐敗しやすい。

発病条件

病原菌は細菌で、ウリ科植物のみを侵す。種子と罹病植物残渣によリー次伝染する。特に主な伝染要因となる植物残渣の場合、出芽時にキュウリ子葉が土壌中の病原細菌と接触し、感染する。定植後は病原細菌は風雨、接触等で飛散し、葉の自然開口部や傷口から侵入し、感染する。気温15℃ ~28℃ で多発する。特に空気湿度が発病に最も大きな影響を与え、多湿条件下で多発生となる。

防除方法

1.発病初期から予防散布する。
2.ハウスでは換気をよくし、過湿にならないようにする。
3.窒素肥料の多用を避ける。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.