農作物病害虫データベース

菌核病(野菜/キュウリ)

菌核病

連作すると発生が多くなり、特にハウスや温室での栽培に被害が多い。

病徴と診断

果実および茎葉に発生する。果実では主に幼果に発生し、花落ち部分から侵され、水浸状の病斑が広がり湿度の高いときには、病斑は白色菌糸におおわれる。時には大粒の透明な汁液が分泌されることがある。病勢が進むと全果が菌糸におおわれ、菌糸の間にネズミ糞状の菌核を生じる。
茎や葉は、 り病した雄花の付着、あるいは病花に直接接触することによって発病する。葉には灰褐色の大型斑点が生じ、その表面に白色の菌糸がうっすらと生じて、組織は腐敗し破れやすくなる。茎の場合には、白い菌糸が表面に生じ水浸状に軟腐し、そこから先が萎ちょうし、やがて枯死する。
また、果実や茎の病患部には菌糸の白色のかたまりができ、次第に黒変し菌核となる。本病の確実な診断は、病患部に生じる白色綿状の菌糸と、末期に形成されるねずみ糞状の菌核によって可能である。

発病条件

本病は子のう菌類に属するかびの一種によって起こるが、本菌はきわめて多犯性でアブラナ科野菜やレタスなど多くの作物を侵す。菌核は地面に落ち、春と秋に菌核から小さいきのこ(子のう盤)を生じ、その表面に子のう胞子が形成される。まれに、菌核から直接菌糸が伸びて地面に接した葉に発病させることもある。
本病は、ハウスや温室栽培に多く、18~ 20℃ 付近の晩秋から春先に被害が大きい。

防除方法

1.発病株は抜き取り、処分する。
2.肥料切れのないようにする。
3.圃場に残った菌核を上中深く入れるため、耕起、天地返しを行う。
4.発病初期から薬剤散布する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.