農作物病害虫データベース

黒星病(野菜/キュウリ)

黒星病

病徴と診断

葉、茎、果実を侵す。いずれも若い部分が侵されやすい。葉では、初め水浸状の暗緑色の病斑を生し、発病葉には穴があく。茎にも暗緑色水浸状のへこんだ病斑を生し、芽が侵されると、伸長がとまって、わき芽が叢生状にでる。果実にも暗緑色水浸状のへこんだ病斑を生じる。時にはヤニを分泌することもある。

発病条件

一般に17℃ 前後の低温と、多湿が続くと発病する。多雨は発病を助長する。被害茎葉についた病原菌が第一次伝染源となり、発病後は分生胞子により次々と伝染する。

防除方法

1.施設内が低温、過湿にならないように保温に注意し、潅水を控える。
2.初期から薬剤散布する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.