農作物病害虫データベース

菌核病(野菜/レタス)

菌核病

病徴と診断

地ぎわの葉柄や葉から発生し、初め水浸状病斑が現れ、拡大して淡褐色となる。徐々に腐敗が進むと葉のしおれが目立ってくる。のちに白色のかびやネズミの糞大の黒色の菌核が形成される。

発病条件

病原菌は子のう菌類の一種で、子のう盤上に子のう胞子を形成する。また黒色の菌核をつくる。越年は土中で菌核の形で行われ、土壌の表面近くで長期間生存するが10cm以下の地中では翌年までに死減する。菌核は春と秋に発芽し、子のう盤を形成し、そこに子のう胞子を作り、飛散、まん延していく。本菌の生育適温は20℃ 前後で、やや低温を好むため春と秋の曇雨天が続いた時に発生が多い。

防除方法

1.連作は避ける。またナタネ、ダィズなど本病が発生しやすい作物との輪作は避ける。
2.被害株はできるだけ早く、除去して処分する。特に菌核形成前に処分することが重要である。
3.常発地では結球開始前~開始初めにかけて、予防的に2回程度薬剤防除を実施すると効果が高い。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.