農作物病害虫データベース

モザイク病(野菜/カブ)

モザイク病

病徴と診断

カブモザイク病の病原ウイルスはカブモザイクウイルス(TuMV)、 キュウリモザイクウイルス(CMV)である。TuMVが感染すると、はじめ葉脈透化を示し、モザイクとなるが、えそ斑点や条斑を伴うことも多い。初期に感染すると株が萎縮する。根部の生育も悪くなり、肉質が低下し、奇形を生じることもある。CMVの感染では軽いモザイクを示し、時にえそ条斑を生じるが、TuMVと重複感染している場合も多い。明瞭なモザイク症状はTuMVの単独かCMVとの混合感染である。いずれもアブラムシによって伝搬されるので、防除はダイコンに準じ、アブラムシの防除を徹底する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.