農作物病害虫データベース

モザイク病(野菜/ゴボウ・ヤマゴボウ)

モザイク病

病徴と診断

ゴボウモザイク病の病原ウイルスにはゴボウモザイクウイルス(BdMV)、ゴボウ斑紋ウイルス(BdMoV)、キュウリモザイクウイルス(CMV)がある。BdMVが感染すると葉に鮮明な緑斑モザイクを生じ、よく目立つ。株は特に萎縮せず、葉の変形もあまりみられない。低温期には病徴が明瞭であるが、夏季は不鮮明になる。一方BdMoVは細い葉脈部分に葉脈透明や葉脈えそを起こすが、発生は極少ない。CMVは、葉に不鮮明な退緑病斑を生じ、軽い縮みや凹凸を生じる。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.