農作物病害虫データベース

疫病(野菜/トマト)

疫病

病徴と診断

本病は茎、葉、果実に発生する。葉では、普通下葉から発生し、次第に上葉に広がる。初め、葉の一部に小さな不規則な形の灰緑色水浸状の病斑を生じ、次第に拡大して暗褐色の大型病斑となる。湿度が高いと病斑の裏面や病斑のまわりの灰緑色部に自色で霜状のカビを生ずる。ひどいときには葉全体がかびでおおわれる。また乾燥状態のときには、病斑は乾燥し褐変してもろくなる。いずれにしても、いったん発生するとまん延が早いのが特徴である。果実では、未熟の果実が侵されやすく、輪かくの不鮮明な褐色のつやのあるケロイド状病斑を生じ、その後暗緑色になってくぼみ、やがて腐敗する。茎では、初め湿った感じの暗褐色の病斑を生じ、その後ややくぼんだ暗黒褐色になる。

発病条件

病原菌はべん毛菌類の一種で分生胞子(遊走子のう)を生じる。圃場に残されたトマト、ジャガイモなどの被害植物上で病原菌は生存し、土中で越冬して翌年の伝染源となる。本病は20℃ 位の低温で多湿条件で続くと発病しやすく、施設では10月~ 5月にかけて発病がみられる。また施設では換気不良や、多潅水で多湿になると発病しやくすくなる。

防除方法

1.薬剤防除は発病前からの予防散布とする。
2.窒素質肥料の過多は、植物体を軟弱にし、発病しやすくなるので注意する。
3.施設では換気に注意し、茎葉が過繁茂にならないようにする。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.