農作物病害虫データベース

灰色かび病(野菜/トマト)

灰色かび病

病原菌は多犯性で各種作物に病原性を示す。施設で低温多湿条件下で発生しやすく、重要病害の一つである。

病徴と診断

地上部のあらゆる組織を侵すが、果実の被害が最も大きい。
葉では褐色の大型円形病斑を生じ、茎や葉柄には暗褐色水浸状の円形病斑を生じ、病勢のひどいときにはそれより上部の葉や茎は枯れる。果実では、まず古い花弁や傷ついたがく片などに菌がつき、ここで増殖してから果実に侵入する場合が多い。また果実に直径1~ 2 mmの黄白色円形で中心点のある小斑点が生ずることがあるが、ゴースト・スポットと呼ばれ本病の特徴である。いずれにしても本病の病徴は、り病組織上に灰色のかびを多数生ずることである。

発病条件

病原菌は不完全菌類に属する多犯性のかびである。
被害植物はもちろんのこと、他の有機物でも腐生的に繁殖し、トマトの栽培中で、比較的低温で多湿条件が揃えばいつでも発生する。20℃ 前後で湿度の高いときに多発する。

防除方法

1.ハウスでは換気、温度に注意し過湿にならないようにする。
2.伝染源となる恐れがあるので、果実に残っている古い花弁は除去する。
3.発病果は取り除く。
4.薬剤散布は予防的散布とする。薬剤耐性菌の出現を避けるため、同一系統、同一薬剤を連用しない。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.