農作物病害虫データベース

半身萎凋病(野菜/スイカ)

半身萎凋病

本病は、1976年に北海道で最初に確認された。県内産地での発生は、他の土壌病害の発生により、目立っていない。

病徴と診断

地上部は、最初、特別の病徴を示さないがスイカの肥大期頃からつるのびが悪化して、葉先から脱水症状となり萎ちょうがはじまる。しかし、一度に全体がしおれることは少ない。このしおれは病勢の進展に伴いひどくなる。これらのつるの基部や茎、根などの導管部に褐変が認められる。

発病条件

病原菌はトマト半身萎ちょう病と同じ不完全菌類の一種で、きわめて多犯性である。しかし発生生態に関しては不明の点が多い。病原菌にはいくつかの系統が知られるが、スイカから分離された菌はウリ科、ナス科、アプラナ科の多くの種に寄生性が認められている。

防除方法

1.連作をなるべく避ける。
2.常発地では土壌消毒を行う。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.