農作物病害虫データベース

べと病(野菜/カボチャ)

べと病

病徴と診断

カポチャでは最も普遍的に発生する病害で、いずれの作型でも発生するが、降雨の多いときに発生が多い。
本病は子葉および葉に発生する。キュウリベと病に比べ病斑が著しく小さく、角形でなく丸形に近い病斑を示す。病原菌はキュウリベと病と同じである。しかし生態型が異なりカボチャ菌はキュウリに寄生するが、キュウリ菌はカボチャに寄生しない。防除対策はキュウリベと病に準じる。

発病条件

病原菌はべん毛菌類の一種で、絶対寄生菌である。分生胞子により飛散、伝染し、葉の気孔から侵入する。気温が20℃~24℃ 程度で、多湿条件下で発病しやすい。露地での降雨が発病を助長させる。肥料切れや、栽培管理不十分で草勢が衰えた場合にも発病しやすくなる。

防除方法

1.肥培管理では肥料切れにならないようにする。
2.薬剤防除は手遅れにならないよう発生初期から行う。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.