農作物病害虫データベース

モザイク病(野菜/スイカ)

モザイク病

病徴と診断

モザイク病の病原ウイルスはキュウリモザイクウイルス(CMV)、スイカモザイクウイルス2(WMV)、パパイヤ輪点ウイルスースイカ系(PRSV― W)の3種があるほか緑斑モザイク病としてキュウリ緑斑モザイクウイルス(CGMMV)がある。
CMVによるモザイク病は若い葉にモザイクを生じる程度で、えそは生じず、発生は少ない。WMVによるモザイク病は、はじめ若い葉にモザイクを生じるとともに、葉が奇形になることも多い。蔓の伸長も悪くなる。果実でも表面に緑色の不整形のモザイクを生じ、果肉に軽いうるみを生じることもある。一方CGMMVによる緑斑モザイク病の場合は、葉のモザイクはやや不鮮明な退色ないし淡黄色の斑紋を現し、緑色のコブ状の隆起を伴うこともある。一般に蔓ののびは悪い。果実では、中に空洞ができ、果肉は軟化し、こんにゃく状となる。WMVとCGMMVによる病徴は一部類似し、病微だけから診断するのは困難であるが、一般にWMVの方がモザイクが明瞭で奇形葉を生じやすい。

発病条件

CMVやWMVはスイカに寄生する多種類のアブラムシで、非永続的に伝搬される。第1次伝染源は圃場周辺の罹病植物である。一方CGMMVはアブラムシでは伝搬しないが、種子伝染、土壌伝染、接触伝染する。このウイルスは感染力が強く、数株でも発生すると作業の際や、つるの相互接触による接触伝染がたやすくなされ、被害は大きくなる。

防除方法

1.CMV、WMVによるモザイク病は、障壁作物、シルバーストライプマルチ、寒冷紗被覆等によるアプラムシの飛来防止や、殺虫剤によるアブラムシ防除をおこなう。周辺の伝染源となる植物の除去も行う。
2.CGMMVによるモザイク病については、無病種子を用い、施設内の土壌、資材を消毒する。発病株は、根も含め、早期に除去する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.