農作物病害虫データベース

ばか苗病(普通作物/イネ)

ばか苗病

長年使用されてきた種子消毒剤ベノミルに対する耐性菌が出現したため、昭和55年以降、全国的に多発傾向が見られ問題となった。その後、ベノミルに代わりEBI剤が使用されるようになってからは発生は減少傾向である。最も顕著な病微である徒長は病原菌が植物ホルモンである「ジベレリン」を生産するためである。

病徴と診断

最も重要な種子伝染性病害であり、汚染種子を播種することにより育苗期から発生する。育苗期では2葉期以降に徒長症状が見られる。罹病苗は淡黄緑色となり、葉は細長く全体にひ弱な感じがする。また展葉してくる葉は横に開いた感じとなる。健全苗と比較すると突出して見えるので容易に識別できる。また、罹病苗を抜き取ってみると籾周辺に自色~紅色のかびが生えている。
罹病苗、保菌苗を移植すると本圃で発病し、その多くは健全株と比較して異常に徒長し全体が黄化する。徒長の時期は感染程度により、活着直後から出穂期まで様々であるが、出穂直前に目立つ場合が多い。徒長した株は次第に枯死し、根元には白~淡紅色の粉(分生胞子)が多量に形成される。中には明瞭な徒長をせずに枯死する株もあるが、株元には分生胞子が形成されているので診断は可能である。出穂間近になると、茎の上部の節からひげ根を生ずるのも特徴の一つである。
籾では通常無病徴であるが、感染程度の激しい場合は、籾の内外穎の境目に沿って淡紅色のカビを生ずることがある。

発病条件

保菌した種子を播種すると発病する。保菌籾が混入した籾で種子消毒を省くと、浸種中に病原菌が健全籾に感染し、育苗期間中に高率に発生する。また、育苗中にも汚染籾から周辺の健全籾に伝染する。浸種温度が高いほど、また播種密度が高いほど発生が多くなり、湛水土壌中直播きでは発生が極めて少なくなる。
出穂以降、罹病株の株元に形成された分生胞子が周辺に飛散し、開花中に籾の中に入るか、直接籾から侵入することで汚染籾となる。この分生胞子は主に夜間飛散し、発生圃場周辺の比較的広範囲に飛散する。ばか苗病菌は高温性の病原菌なので、出穂以降高温、多雨条件で感染率が高まる。また、出穂期以降高温に遭遇する期間が相対的に長い早生品種、作型で感染が多い傾向がある。

防除方法

1.種子伝染性病害であることから、無病種子を用いることが最も重要である。採種圃場で発生がなくとも、その周辺圃場で発生があれば感染する可能性があるため、採種の際は周辺圃場での発生にも充分注意する。
2.保菌籾と健全籾を肉眼では判別できないので、粳種では比重1.13、糯種は比重1.08の塩水選を行い、重症籾を取り除き、さらには種籾消毒を行う。
3.長野県でもベノミル耐性菌が広範囲に分布しているので、ベノミルの低濃度浸漬処理は控える。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.