農作物病害虫データベース

いもち病(普通作物/イネ)

いもち病

防除薬剤、防除器具の進歩によって収穫皆無といった被害は少なくなったが、イネでは最も恐ろしい病気である。

病徴と診断

イネのほとんどすべての部位に発病する。発病部位により呼び方は異なるが、いずれも病原菌は同じである。
[苗いもち]発芽して苗がわずかに伸びた頃、葉や葉鞘に暗褐色不整型の病斑ができ、ひどいときには萎凋、枯死する。罹病苗を本田に移植すると葉いもちの伝染源となる。
[葉いもち]葉に最初微少な暗緑色の小斑点を生じ、次第に拡大して内部は灰白色に変じ、紡錘形~菱形となり、多数発生するときは数病斑が融合して大型病斑となる。甚だしいときは全葉枯れ上がって株が萎縮する(ズリ込み症状)。病斑の形や色調はイネの品種や体質、環境条件によって異なる。穂いもちへの感染源となるが、出穂間近の上位葉の病斑ほど穂いもちへ移行しやすく、感染源として重要である。
[穂いもち]穂が侵された場合を総称して呼ぶ。出穂後穂首が侵される(穂首いもち)と養水分の供給が絶たれて白穂となり、致命的な被害となる。遅くに侵されたり、枝梗が侵されても稔実不良で減収となる。
[節いもち]葉幹基部の露出している節が黒変し乾燥収縮して折れやすくなり、やはり養水分の供給が絶たれ減収する。また、いもち病に侵されると、減収するだけでなく品質も悪化し、食味も劣る。

発病条件

病原菌は罹病籾や被害ワラ上で越冬する。保菌籾が播種されると苗いもちを起こし、これが本田葉いもちの伝染源となる。また、被害ワラからも分生胞子が水田内に飛び込んで伝染源となる。栽培期間中は病斑上に形成される分生胞子で空気伝染する。菌の活動は24~ 26℃ 、多湿で水滴が存在するときが活発で、多雨日照不足が長く続くと多発する。品種によって抵抗性に差があり、また、いもち病菌にはイネ品種に対する病原性の異なったいくつかのレース(菌型)があるので、はじめの数年は発生がみられない場合でも、これを侵す新たなレースが出現すると急激に罹病化するので注意が必要である。また、肥料との関係も深く、窒素過多になると抵抗力が弱まり多発する。

防除方法

1.品種によりいもち病抵抗性が異なるので、抵抗性の強い品種を栽培する。
2.窒素を多用するとイネが軟弱化し、いもち病に弱くなるので、多窒素栽培を避けるなど、健康で抵抗力の強いイネ栽培を心がける。
3.種子伝染性の病害なので、種子消毒を徹底する。
4.葉いもち防除は、病斑を発見次第、粉剤、液剤を散布する。または、粒剤を初発の10日前に予防的に湛水散布する。
5.穂いもちは粉剤、液剤を穂ばらみ期と出穂期に散布する。または、粒剤を出穂の20日前に湛水散布する。

防除マニュアル

防除マニュアルはこちらからご覧ください。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.