農作物病害虫データベース

つる枯病(野菜/スイカ)

つる枯病

病徴と診断

葉、茎、果梗および果実に発生する。葉では主として、葉縁や葉柄、それに続く葉脈が侵されやすく円形または楕円形の大型病斑ができる。葉脈が侵されるとその裏側は褐変して大型の病斑を生じる。輪紋はいずれもはっきりしない。葉柄では葉柄全体が赤褐変し亀裂を生じる。果実では油浸状の小斑点ができ、やがて暗褐色となり、乾くと裂け目ができる。のちに病斑上に小黒粒ができる。炭そ病との区別では茎、葉柄などの病斑で小黒粒点の有無で確かめるのがよい。

発病条件

病原菌は、被害植物や支柱など資材に付着して越冬し、また種子伝染もする。病原菌は子のう菌の一種である。本菌の発育適温は20~ 24℃ 、感染の適温は24℃ 前後である。

防除方法

1.薬剤散布は予防的散布とする。
2.被害茎葉は除去する。
3.栽培資材は新しいものを使うか、消毒したものを使う。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.