農作物病害虫データベース

菌核病(野菜/インゲン)

菌核病

本病菌は多犯性で、多くの植物の病原であり、発病条件がそろうと被害が大きい。

病徴と診断

葉では、はじめ水浸状濃緑色の不正形病斑を生じ、まもなく軟腐状となり、その上に自色綿毛状のかびを生ずる。茎やさやなども同じように表面に自色綿毛状のかびを生じ、組織は退緑して白色~淡褐色となる。やがて軟化し腐敗する。病斑部や被害組織内の菌糸は白色の菌糸塊となり、のちに菌核がたくさん形成される。菌核の形状は、表面はややつやのある黒色で、大きさは大小さまざまであるが、いわゆるねずみ糞状である。

発病条件

病原菌は子のう菌に属するかびの一種である。本病の第一次伝染源は菌核から生じた子のう盤に生ずる子のう胞子である。この子のう盤の形成は土壌湿度に強い影響を受け、湿っているところで形成される。形成は12~ 20℃ で行われるが、15℃ が適温である。子のうから射出された子のう胞子は微気流によって運ばれるが、健全な植物体を侵すことはほとんどない。枯死した葉や萎ちょうした花弁で、腐生的に生育したのち、植物組織を侵すようになる。このまん延は高温条件下で行われる。菌糸の生育は5~ 32℃ でみられ、適温は20~ 25℃ で、26℃ 以上では生育が悪い。

防除方法

1.輪作する。
2.被害茎葉を処分する。
3.窒素質肥料が多施用されると発病を助長するので適正な施肥を行う。
4.開花後を中心に薬剤散布する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.