農作物病害虫データベース

褐紋病(野菜/エンドウ)

褐紋病

エンドウの栽培地ではどこにでも発生する病害である。地上部のすべての部分に発病するが、茎や葉が侵されると生育が阻害され、発生が厳しいと株が早期に枯れ上り、著しく生産を阻害する。
さやに発生すると品質が低下して商品価値がなくなるなど、エンドウの病害としては被害の大きい病害の一つである。

病徴と診断

茎、葉、さや、種などに発生する。茎では、はじめ土に近い基部に濃い褐色の円形の病斑ができ、やがて上下に拡大して紡錘形となる。さらに広がって茎の周り全部に及ぶと茎全体が枯れる。葉では、はじめ黒褐色の小点ができ、次第に拡大して円形となり、中心部の色が濃く周りがうすい病斑となる。中央の黒褐色の部分には同心円状の輪紋ができる。一枚の葉にたくさんできると葉全体が枯れる。さやでは、はじめ褐色の小点が多数でき、次第に拡大して黒褐色の円形の病斑となり、病斑部は乾いてかん没する。健全部と病斑部の境目はきわめてはっきりしている。普通の発生では茎全体がしおれて枯死するようなことは少なく、多くは葉に発生する。これに次いでさやに多く発生する。本病によく似た症状を示す病害として、褐斑病がある。この場合は病斑上に輪紋がなく、病斑上に黒粒′点ができるので区別できる。

発病条件

病原菌は前年の植物体上で菌糸や胞子で越冬し、翌年の発生源となる。種子伝染も行われる。雨が多かったり、排水が不良だったりして、湿度の高い場合に発生が多く、連作すると発生が多くなる。

防除方法

収穫後残渣をされいに片付ける。連作をさける。薬剤散布を行う。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.