農作物病害虫データベース

乾腐病(野菜/ニンジン)

乾腐病

病徴と診断

初め根部に小さな水浸状のしみが現れ、次第に横すじ状に拡大し黒色の病斑となり、一部は乾腐状に腐敗する。また根の上部に発生した場合、病斑が特に大きく拡大することがある。収穫後の貯蔵中に、病斑上に自色のかびを生じ腐敗が進行する。

発病条件

本病の病原菌は不完全菌に属するかびの一種である。
本菌による病害は、ほかにサトイモ乾腐病、ウド萎黄病、ジャガイモ乾腐病、こんにゃく乾腐病などがある。しかし、本病原菌の植物に対する寄生性は現在不明であり、更に発生生態も不明の点が多い。ただ排水の悪い条件では発生が多いようである。

防除方法

1.無病地で栽培し、宿主となる作物の連作はしない。
2.圃場の排水を良好にする。
3.土壌消毒する。マルチ畦内処理もよい。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.