農作物病害虫データベース

うどんこ病(野菜/ゴボウ・ヤマゴボウ)

うどんこ病

ゴボウを栽培すると必ずといっていいほど発病がみられるが、大発生しない限り大きな被害をもたらすことは少ない。

病徴と診断

葉が若いうちはあまり発生しないが、成葉になって古くなると発生が多くなる。はじめ、葉の表面に白い小点がたくさんでき、やがてだんだんと拡大し、葉の表面が自くなる。これは他の作物の場合と同じであるが、地肌がみえなくなるほど真白くはならない。発生しはじめるとたちまち拡がり、一斉に発病してくる。秋になると病斑の表面に黒色の小粒点が多数形成される。これは子のう殻である。

発病条件

子のう殻で病葉と共に冬を越し、翌年子のう胞子を飛散して伝染する。発病すると病斑上に多数の分生胞子が形成され、これが飛散して二次伝染し急激に拡がる。とくに夏期の高温期の発病が著しい。

防除方法

発病初期から薬剤散布を行う。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.