農作物病害虫データベース

黒あざ病(野菜/ゴボウ・ヤマゴボウ)

黒あざ病

商品となる根に発病するため、少しでも発生すると著しく商品価値が低下し、収益に大きな影響がでる重要病害である。

病徴と診断

根に発生するが、相当に激しい発生でないと地上部に病徴は現われてこない。収穫してみてはじめて発病に気付くことが多い。しかし、連作によってほ場が重度に汚染された場合は、早くから発生し、生育不良や欠株になることがある。直根が伸びはじめる頃から表面に赤褐色の不正形の病斑ができ、次第に拡大するとともに黒褐色となり、病斑部は陥没して表面がひび割れる。

発病条件

土壌伝染病で、連作すると発生がみられるようになり年々発生が多くなる。病原菌は土壌中に残り、長く伝染源となる。湿度の高いところで発生しやすい。

防除方法

発生がみとめられたら数年間は他の作物を作り、ヤマゴボウは栽培しない。やむをえず連作する場合は土壌消毒する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.