農作物病害虫データベース

モザイク病(野菜/ヤマノイモ(ナガイモ))

モザイク病

ナガイモ(ヤマノイモ)に発生するウイルス病には、えそモザイク病(病原ウイルスCYNMV)、モザイク病(病原ウイルスYMV)、ウイルス病(病原ウイルスBBWV)がある。

病徴と診断

えそモザイク病の典型的な病徴は展開後の葉に現れる。多くの場合最初、葉に黄色の小斑が入り混ったモザイク症状が現れる。その後部分的に褐色の斑点や網目状のえそモザイク症状になる。一般に葉は凹凸や奇形にならず、外形は正常葉と大差ない。生育初期から発病した場合は大きく減収する。
モザイク病は展開葉の葉脈間に不整形の退緑斑を生じ、次第に拡大融合してモザイクとなる。葉は凹凸を生じ、縁の部分は波状になる。ただし、えそは生じない。蔓の伸長やイモの肥大も悪くなる。

発病条件

えそモザイク病、モザイク病とも伝染源は、発病株である。いずれもワタアブラムシやモモアカアブラムシ等のアブラムシ類により非永続的に伝搬される。ウイルスに感染したイモや、むかごを種いもに用いると、ほぼ確実に発病する。

防除方法

1.発病した株の塊茎は種いもとして使用しない。
2.特に春~初夏のアブラムシの飛来を防止する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.