農作物病害虫データベース

ナガイモコガ(野菜/ヤマノイモ(ナガイモ))

ナガイモコガ

被害と診断

5月に新芽の先の部分が黒褐色になって枯れるため生育が大変遅れる。加害された部分を注意してみると新芽と新葉が網目状に食害されているのがわかる。幼虫は芽の中に潜んでいるので見つけにくい。
7~ 8月になると葉の被害も大きく、幼虫が葉裏に寄生して表皮のみを残して葉肉を食害するので、表からみると食害された部分は自くすけてみえる。その被害部は褐変して枯れる。多発すると、太い葉脈だけを残して葉肉を食害するため、被害葉は褐色に枯れて、株全体の葉が枯れ上がることもある。

発生生態

経過習性は不明な点が多いが、成虫で越冬して、ナガイモが発芽すると同時に寄生して、加害する。 6~ 7月に発生が多くなり各態が混発するようになる。夏は減少して、秋に再び多くなる。
成虫は体長4 mmほどの小さな蛾で、前翅は暗褐色の鱗粉の混じった灰黄色で、綾縁のほぼ中央に自色紋があるのが特徴である。幼虫は体長6 mm前後で頭部は淡黄土色、胴部は淡黄緑色をしており、暗紫色の体内がすけてみえる。蛹化は葉裏に網目状のまゆをつくって行う。年間4~ 5回の発生を繰り返す。

防除方法

過繁茂にしない。年間発生するので定期的な薬剤散布を行うが、被害の多い7月ごろを重点に防除する。ヤマイモハムシと同時防除する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.