農作物病害虫データベース

ウイルス病(野菜/ジャガイモ)

ウイルス病

ジャガイモのウイルス病には数種あり、これに関係するウイルスの種類も多い。

病徴と診断

ジャガイモのウイルス病の中で被害の大きなものはジャガイモ葉巻ウイルス(PLRV)による葉巻病や、ジャガイモY(PVY),X(PVX), S(PVS),M(PVM),A(PVA)ウイルス、CMVによるモザイク病などがある。葉巻病は、病イモが植え付けられた場合、下葉から葉の縁が上向きに巻きあがる。生育も抑制され、茎長がやや短くなる。圃場で感染した場合は、上位葉から葉巻症状が現れる。PVXによるモザイク病(Xモザイク病)では、上~中位葉の葉脈に軽いモザイクを生じることが多く、品種によってはえそ斑点を生じることがある。PVYによるモザイク病(Yモザイク病)は、品種によって病徴が同じでなく、えそ症状が主体のものと、れん葉症状が主体のものとに分けられる。

発病条件

ジャガイモウイルス病は、感染した種イモを植え付けると必ず発生し、その年の伝染源となる。葉巻病とYモザイク病はアブラムシによって伝搬する。Xモザイク病は茎、葉あるいは根などの接触によって伝染するがアブラムシ伝搬はない。

防除方法

1.無病の種イモを用いる。
2.収穫した屑イモを種イモに用いない。
3.病株は伝染源となるので、見つけ次第抜き取る。
4.アブラムシの防除を行う。特にアブラムシは早期防除がポイントである。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.