農作物病害虫データベース

萎凋細菌病(花/カーネーション)

萎凋細菌病

病徴と診断

根や茎が侵される。根は腐敗し、茎の導管部が褐変し、腐敗するために株全体が急激にしおれ、枯れる。茎に縦に亀裂が生して病原細菌の菌液があふれ出る。また茎の導管褐変部を水に浸すと菌液が流出する。

発病条件

病原細菌は土壌中に生存し、根の傷口などから侵入する。またさし穂を通じて伝染することもある。25℃ 前後の高温時には増殖が活発となり急性萎ちょう症状が現れる。やや低温時には活動は緩慢となって導管閉そくがおこり、茎に亀裂を生じたり、茎が曲がったりする。本病は春から秋にかけて発生する。また多肥栽培、多量かん水、老化苗の移植などによって発生が助長される。品種によっても差がみられる。

防除方法

1.さし穂は無発生地の株から取り、無病土を用いて育苗する。
2.肥料はひかえめにして、かん水の量も少なめにする。発病株は抜きとり、処分する。
3.本ぽは土壌消毒する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.