農作物病害虫データベース

モザイク病(花/ユリ)

モザイク病

病徴と診断

葉に濃淡のモザイクが現れたり、黄色~褐色の条斑が現れる。一般に生育初期にはっきり現れ、のちに不明瞭になることが多い。葉にねしれ、わん曲、萎縮を生じたり、花弁、雌ずいが奇形になることがある。

発病条件

チューリップモザイクウイルス(TBV)、キュウリモザイクウイルス(CMV)カンキツタターリーフウイルス(CTLV)による。TBV、CMVはアプラムシによって非永続伝搬され、汁液伝染もする。CTLVは汁液伝染、種子伝染する。これらのウイルスが、重複感染すると病徴も異なり、TBVやCMVが重複感染すると単独感染の場合より病徴が激しく現れる。また、通常露地ユリではユリ潜在ウイルス(LSV)を保毒している場合が多く、CMVとLSVが重複感染するとえそ条斑を生じやすい。品種によっても異なるが、TBVとLSVが重複感染すると、鱗茎に褐色の輪紋を生じることがある。

防除方法

各病原ウイルスの性質により、アプラムシ防除、消毒液による農具、種子、指の消毒、無病球根の導入などを行う。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.