農作物病害虫データベース

褐色斑点病(花/チューリップ)

褐色斑点病

病徴と診断

茎、葉、花および球根に発生する。茎、葉では初め淡黄色の小斑点が現れる。拡大して輪かくが暗色水浸状で灰白色のややくばんだ病斑を形成する。ひどい場合は葉一面に病斑が現れて、やがて枯死する。花では花弁に灰白色~淡褐色の円形小斑点が現れる。のちにかすり状となり、病斑が古くなると小さい黒色の菌核が多数形成される。球根では外皮には異常はみられないが、白い内皮の表面に鉛色のへこんだ病斑がみられる。次第に灰褐色の大型病斑となって腐敗し始める。やがて球根の病斑上にも黒色の小さい菌核が多数形成される。

発病条件

病原菌は不完全菌類の一種で、分生胞子や菌核を形成する。土中で菌核の形で越冬するほか、被害残渣や有機物に腐生的に繁殖し、菌糸の形で越冬することが多い。翌春、分生胞子を多数形成し、まわりに飛散し、まん延していく。菌糸の生育適温は23℃ 前後で、分生胞子と菌核の形成は15~ 20℃ が良好となる。
早春に降雨が多かったり、多湿な状態が続くと発生が多くなる。
本菌はきわめて多犯性で数百種の植物に寄生するため、伝染源も広い範囲に存在している。

防除方法

1.球根掘り上げ時には被害残渣を集めて処分し、伝染源を残さないようにする。球根は風通しのよいところに貯蔵し、発病球根をみつけたらすぐに焼却する。
2.連作はできるだけ避けて、無病球根を用いて栽培する。また排水を良好にして、窒素質肥料を多用しないように注意する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.