農作物病害虫データベース

黒腐病(花/ストック)

黒腐病

発生すると被害が大きいので、注意を要する病害である。

病徴と診断

茎、枝、葉に発生する。苗に発生すると、茎が水浸状となり、やがて全体がしおれて枯死する。しかし、普通は成株になってから発生することが多く、苗での発生は少ない。成株では、はじめ茎にたて形に長い黒褐色のくぼんだ病斑があらわれる。この病斑は病状が進むと拡大して割れ、亀裂のようになり、そこからうみのような灰白色の液が滲みでてくる。これは病原菌の菌泥である。さらに病状が進むと、枝や葉柄にまで及び花軸にまで達するが、株全体は容易に枯死しない。病斑が茎をとりまくようになるとそこから上が黄化し、枯死するに至る。片側が侵されるとそちら側の生育が止まり、株が奇形になることもある。
葉では葉緑が水浸状となり、そこが黄化し、不定形の病斑となり、乾いて紙のようになる。葉脈が侵されると葉全体が腐敗して落葉する。

発病条件

この病気には病原菌が2種類あり、その1つはストックだけを侵すが、もう1つはダイコン、ハクサイ、キャベツなどのアプラナ科野菜と共通で、これらの作物にも黒腐病をおこす。したがって、アブラナ科野菜が近くにあるときは相互に伝染するおそれがある。本県ではストックはほとんど施設栽培であるが、露地栽培などではアプラムナ科野菜の近くでこの病気が多発することがある。病原菌は土壌中で長く生存していて、土壌伝染を行うが、このほか花梗を通じて種子の内部まで侵入し、種子伝染を行うこともある。土壌伝染の場合は雨や風で飛び上り、葉柄痕などから侵入することが多い。したがって、雨が多く湿度の高い状態で発生が多い。 2種類の病原菌とも病徴には差がない。

防除方法

無病種子を用いる。床土は無病のものを用いる。立毛中に発生したら早く抜き取る。一度発病したら土壌消毒をするが、連作をさけることが最も望ましい。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.