農作物病害虫データベース

黒斑病(花/ストック)

黒斑病

病徴と診断

葉に発生する。はじめ水浸状の円形の斑点があらわれ、のちに拡大して円形ないし楕円形の大型の病斑となる。病斑は淡褐色で中心部は自く、のちに不明瞭な輪紋ができ、病斑上に黒いすす状のかびを生じる。これは分生胞子で伝染源となる。発病した葉はやがて全体が黄化して枯れる。

発病条件

病原菌はダイコン、ハクサイ、キャベツなどのアブラナ科野菜と共通で、これらの作物と相互に伝染する。アブラナ科野菜ではごく普通に発生がみられるので、これらから胞子が飛んで伝染することは容易に考えられる。温度が比較的高く、湿度の高い状態で発生じやすい、病原菌は種子について種子伝染する。

防除方法

無病種子を用いる。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.