農作物病害虫データベース

斑点病(花/トルコギキョウ)

斑点病

病徴と診断

苗床で発生しやすい。初め、褐色の小斑点が葉の表面に生じる。この小斑点はやがて融合して大型病斑となり、発生の激しいものは葉枯れ症状となる。一カ所に発生すると回りの株にも次々と伝染し、斑点症状は拡大していく。斑点にはやがて病原菌の菌糸と胞子であるすす状のものが観察される。

発病条件

発生原因として、育苗中の多湿が考えられる。また、種子はばらまき栽培であり、苗が込み入った場所で多発している傾向があった。しかし、定植期になり気温が上昇し、苗が大きくなると病勢も収まる。また、自家採種した系統で発生が多く、市販品種では発生が少ないようである。
病原菌はアルタナリア属菌の一種であるが、種名まで検討されていない。

防除方法

1.普段から発生に注意し、発生を認めた育苗箱は別に管理する。
2.日中十分換気して、ハウス内の湿度を下げる。
3.多発する場合は品種を変える。

防除マニュアル

防除マニュアルはこちらからご覧ください。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.