長野県農業関係試験場について

長野県南信農業試験場

長野県南信農業試験場

南信地域は、気象や地形の変化に富み多くの種類の作物が栽培されています。こうした地域特性を活かし、果樹を中心に、
(1)ブランドづくり
(2)人や環境にやさしく
(3)生産の安定化
を試験研究の視点に、関係機関・団体、生産現場と連携して新たな「品種や技術」の開発に取り組んでいます。

例えばこんなことをやっています!

  • オリジナル品種の育成と知的財産の保護・活用

    オリジナル品種の育成と知的財産の保護・活用

    • 日本なしの高品質品種の育成
  • 低コスト・省力化・高位安定生産技術の開発

    低コスト・省力化・高位安定生産技術の開発

    • 樹体ジョイント仕立て方による日本なし「南水」の省力・低コスト栽培技術の開発
  • 環境にやさしい農業生産技術の開発

    環境にやさしい農業生産技術の開発

    • ナシマダラメイガ、ナシヒメシンクイの効率的防除技術
    • カキ円星落葉病の効率的防除技術
    • 局所施肥によるなし園・かき園の効率的施肥技術
  • 地球温暖化対策技術の開発

    • 地球温暖化が日本なしおよび市田柿栽培に及ぼす影響評価と対策技術
    • 日本なし障害果実の発生原因の究明
    • 甘かき品種適応性検定試験

長野県南信農業試験場からのお知らせ

長野県南信農業試験場の沿革

大正15年 農事試験場下伊那分場として下伊那郡市田村に設置
昭和6年 陸稲試験地(清東)を設置
昭和10年 園芸部門を拡充
昭和25年 畜産部門を拡充(昭和39年に畜試に統合)
昭和50年 本館、付属棟を下伊那郡高森町下市田(角田原)に移転設置
昭和51年 農業総合試験場南信地方試験場と改称
昭和55年 南信農業試験場と改称
平成9年 蚕業センターの廃止に伴い養蚕部、繭糸検定部を設置
平成10年 繭糸検定部を廃止
平成14年 養蚕部と環境部を統合し病害虫土壌肥料部と改称
平成21年 栽培部へ病害虫土壌肥料部を統合

アクセス

  • 南信農業試験場

    • 住所〒399-3103 長野県下伊那郡高森町下市田2476
    • TEL0265-35-2240
    • FAX0265-35-4887
    • アクセスJR飯田線市田駅より徒歩で約30分(タクシーで約10分)
      中央自動車道松川ICより車で約20分

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.