トピックス

スマート農業技術の実演会を開催します        ~信州伊那谷スマート農業実証コンソーシアム第4弾~

 今年度最終となる今回の実演会では、食味・収量コンバイン、自動運転トラクターの実演、農作業の記録に用いている営農支援ソフトウェア(KSAS)の紹介等を行います。

1 日 時

 令和元年10月11日(金)午後1時30分~4時頃

2 集合場所(駐車場)

 JA上伊那春富(はるとみ)支所(伊那市東春近2,784番地)

 *午後1時から1時15分の間にお集まりください。
 *集合した後、実演会場へ移動し、受付を行います。
 *雨天等の場合、会議室内での事前録画による取組の紹介となる場合があります。

3 会 場

 ・コンバイン、トラクター:農事組合法人田原 管理水田
 ・KSASの紹介等   :JA上伊那春富支所2階会議室

4 参集範囲

 農業生産者や技術指導者をはじめ、興味のある方はどなたでも参加できます(事前申し込み不要)。

5 これまでの取組

 ◆4月10日 キックオフ会議
 ◆5月27日 第1回実演会(ドローン、直進アシスト機能付き田植機等の実演、160名参加)
 ◆7月16日 第2回実演会(ラジコン草刈機等の実演、150名参加)

 

 ☆信州伊那谷スマート農業実証コンソーシアムとは?

 本コンソーシアム(共同事業体)は、下記の関係機関が連携して、伊那市の稲作大規模法人において、スマート農業技術を導入し作業の効率化を確認する実証試験「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」を実施しています。
 農事組合法人田原、伊那市、JA上伊那、信州大学、(国研)農研機構中央農業研究センター、(一社)全国農業改良普及支援協会、(株)クボタ、クボタアグリサービス(株)、(株)関東甲信クボタ、長野県

 

 本実証試験は、農林水産省「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト(課題番号:中C04)」(事業主体:農研機構)の支援により実施しています。

 

詳しくはこちら(長野県(農政部)プレスリリース)をご覧ください

お知らせ一覧

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.