研究情報

オリジナル開発品種

長野県農業関係試験場にて開発した新品種/オリジナル品種をご紹介します。

東山55号(しろゆたか)(小麦)

東山55号(しろゆたか)

・中力小麦である
・日本麺用の県内産主力品種「ゆめきらり」に対し、出穂期は同日、成熟期は3日遅い中生種である
・「ゆめきらり」よりやや稈が短く、倒伏しにくい
・コムギ縞萎縮病抵抗性に優れ、10月下旬以降には種することで安定的に生産できる
・「ゆめきらり」より赤さび病やうどんこ病の抵抗性が優れる


資料

詳しい資料はこちら

関連品種

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.