研究情報

オリジナル開発品種

長野県農業関係試験場にて開発した新品種/オリジナル品種をご紹介します。

東山皮糯109号(ホワイトファイバー)(大麦)

東山皮糯109号(ホワイトファイバー)

早生で、精麦白度が高く、精麦品質に優れ、安定栽培できる糯(もち)性六条大麦。

出穂期、成熟期は「シュンライ」とほぼ同日で、「ファイバースノウ」より3日程度早い。
β-グルカン(水溶性食物繊維)が7.5%程度含まれ、うるち性品種と比べて1.5倍ほど多い。
硝子率が低く、精麦白度が高い。
もち麦ご飯の食感に優れ、外観もきれいである。


栽培適地・普及状況

長野県内の積雪地帯を除く標高800m以下の地帯で栽培が可能です。平成28年播種の栽培面積は概ね160haです(農業技術課調べ)

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.