研究の進め方

研究活動コンプライアンス

長野県農業関係試験場では、平成26年12月18日付け「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン」(平成19年 農林水産省)の一部改正、並びに平成27年1月21日付け「農林水産省所管の研究資金に係る研究活動の不正行為への対応ガイドライン」(平成18年 農林水産省)の一部改正を踏まえ、農業関係試験研究機関における研究活動のコンプライアンスを確保するため「研究活動に係る不正行為」及び「公的研究費の取扱いに係る不正行為」への対応について必要な事項を定めた「長野県農業関係試験場の研究活動コンプライアンス対応規定」及び「研究活動の不正防止計画」を制定しました。この規定等に基づき、試験研究の信頼性と公正性を維持してまいります。

不正防止に係る管理運営体制

不正防止に係る管理運営体制

責任体制

  • 最高管理責任者 農業関係試験研究推進会議の議長である、農業試験場長が、公的研究費及び試験研究の不正行為の最高管理責任者として農業関係試験研究機関の全体を統括し、最終責任を負っています。
  • 統括管理責任者 農業試験場 企画経営部長が、統括管理責任者として最高管理責任者を補佐し、公的研究費及び試験研究の倫理に関して統括しています。
  • コンプライアンス推進責任者 さらに、各試験場の場長は、コンプライアンス推進責任者として、最高管理責任者の指示のもと、各試験場のコンプライアンス教育及び公的研究費の運営管理について統括します。
  • コンプライアンス教育責任者 各試験場の研究調整担当部長は、コンプライアンス教育責任者として、コンプライアンス推進責任者を補佐し、その指示の下、各試験場のコンプラインアンス教育に取組みます。
  • コンプライアンス副責任者 支場長・研究部の部長(場・部が共同して実施する競争的資金等にあっては、主査となる研究部の部長)は、コンプライアンス副責任者として、コンプライアンス推進責任者の指示のもと、活用する公的研究費の運営管理について責任を負います。

責任者一覧

責任区分 責任者 問い合わせ先
最高管理責任者 農業試験場長 上杉 壽和 026-246-2411
統括管理責任者 農業試験場 企画経営部長 三田 毅 026-246-2411
コンプライアンス推進責任者 農業試験場長 上杉 壽和 026-246-2411
同上 果樹試験場長 小松 宏光 026-246-2411
同上 野菜花き試験場長 吉沢 栄治 0263-52-1148
同上 畜産試験場長  中島 賢生 0263-52-1188
同上 南信農業試験場長  木原 宏 0265-35-2240
コンプライアンス教育責任者 農業試験場 酒井 長雄 026-246-2411
同上 果樹試験場 笹脇 彰徳 026-246-2411
同上 野菜花き試験場 山口 秀和 0263-52-1148
同上 畜産試験場 井出 忠彦 0263-52-1188
同上 南信農業試験場 岩崎 和之 0265-35-2240

公的研究費及び試験研究の不正行為に関する相談窓口

農業関係試験研究機関の不正行為に関する通報・相談は、下記の相談窓口に、書面、電話、ファックス、電子メール又は面談等により行うことができます。
相談の際には、原則として、通報者の氏名・連絡先、不正行為を行ったとする研究者の氏名又はグループの名称、不正行為の態様、時期及び内容、不正と判断した科学的合理的理由等について明示してください(申立書様式参照)。


相談窓口

農業試験場 企画経営部 TEL:026-246-2411 FAX:026-251-2357

人を対象とする疫学研究の対応について

農業試験研究における「人を対象とする研究」(疫学研究)が、ヘルシンキ宣言(1964年世界医師会総会採択)及び疫学研究に関する倫理指針(H14年6月17日付文部科学省、厚生労働省)を踏まえ、適切に行われるよう必要な措置を定めました。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.