スマート農業/スマート農業技術カタログ

自走式草刈機

技術の概要

●芝刈り機として開発されたが、果樹園の草刈り機としても利用、販売されている
●エリアワイヤーに囲まれた範囲内を自走して草刈りする
●バッテリー残量が減ったら充電ステーションに自動で戻り、充電後に草刈を再開する
自走式草刈機

導入メリット

●一度設置すると、ほぼ人の手をかけずに自動で草刈ができる
●刈取った草は細かく破砕されるため、集草不要
●スマホアプリで機械から離れていても草刈の状況確認ができる

解決可能な営農課題

労力削減、疲労軽減

導入上の留意点

・本体のほか、エリアワイヤー、充電ステーションなどの設置が必要
・ほ場の均平化、障害物の排除など、草刈り機が稼働しやすい環境整備が必要
・最大斜度は30度程度まで

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.