スマート農業/スマート農業技術カタログ

環境モニタリングシステム

技術の概要

●ほ場や施設内の温湿度、CO2濃度等の環境情報を自動測定し、クラウド等に保存
●環境情報はPCやスマホ等で確認でき、測定値とあらかじめ設定した設定値を基に異常を知らせるものもある
●環境制御付きのシステムでは、窓やカーテンの開閉、灌水等も自動、手動によりコントロールできる
環境モニタリングシステム

導入メリット

●ほ場や施設内の環境情報が見える化され、遠隔地からリアルタイムに確認できる
●蓄積した情報の分析、活用により栽培技術が改善され、収量・品質が向上する
●生産者間での情報共有により、分析能力や意識向上をはかることができる

解決可能な営農課題

収量・品質向上、労力削減

導入上の留意点

・現状、導入コストはやや高い機種が多い
・導入コストだけでなく、月ごとにシステム利用料、通信料等が必要となる
・メーカーごとに規格が異なることが多く、センサーなどの共有ができない

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.