研究情報

オリジナル開発品種

長野県農業関係試験場にて開発した新品種/オリジナル品種をご紹介します。

ナガノパープル(ぶどう)

ナガノパープル

成熟期は長野県須坂市で9月上旬です。商品性のある果実を栽培するためには、花(果)房へのジベレリン処理が不可欠です。果皮色は紫黒で果粉が多く、果粒は倒卵形、13~15g程度、果皮のはく皮は困難、果肉特性は崩壊性で、果肉はやや硬く、歯切れが良く、フォクシー香を有します。皮ごと食べられます。糖度は18~21%、酸含量は0.4~0.5%程度です。収穫期前の降雨により裂果が発生する場合があることから、施設栽培を前提とします。


栽培適地・普及状況

県下全域
平成25年の長野県における栽培面積はおよそ110haです(園芸畜産課調べ)。


参考情報

過去の文献により作成したブドウの親子関係を図にしました。長野県育成品種以外を含みます。添付ファイル(画像)をご覧ください。2012年12月5日作成ブドウの親子関係図(JPG:183KB)


資料

詳しい資料はこちら

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.