研究情報

オリジナル開発品種

長野県農業関係試験場にて開発した新品種/オリジナル品種をご紹介します。

シナノホープ(レタス)

シナノホープ

早生の結球レタス。
草姿は開張性、球形は腰高(楕円形)で玉はやや大きく、球のしまりがよい。
高温による茎の伸長(抽だい)が少ない晩抽性で、高温期の栽培適性が高い。
本県初のレタス根腐病レース1耐病性品種である。


栽培適地・普及状況

平成17年6月に品種登録。
栽培適地は標高800mの地域で、9月収穫作型に適する。
栽培面積はおよそ104ha(平成27年度)。

関連品種

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.