研究情報

オリジナル開発品種

長野県農業関係試験場にて開発した新品種/オリジナル品種をご紹介します。

信州サーモン(水産)

信州サーモン

ニジマスとブラウントラウトをバイオテクノロジー技術を用いて交配した一代限りの養殖品種です。銀色の美しい身体と、サーモンのような紅色の美しい身が特徴です。
清冽な水でベテランの魚飼い達に育てられきめ細かく肉厚な身に美味(うま)みと栄養が凝縮されてトロリととろける舌ざわりと豊かな味わいを醸し出します。


栽培適地・普及状況

信州サーモンの種苗の生産は長野県水産試験場のみが行います。
マス類養殖が可能な用水を得られる地域。
平成27年の長野県における食用魚出荷量は345tです。(園芸畜産課調べ)


参考情報

信州サーモンの詳しい情報はこちら

関連品種

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.