スマート農業/トピックス

信州伊那谷スマート農業実証コンソーシアム令和2年度第2回実演会が開催されました。

上伊那農業農村支援センターも参画する信州伊那谷スマート農業実証コンソーシアムによる「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」の実演会が、11月6日(金曜日)伊那市の農事組合法人田原の管理水田で開催されました。当事業は(独)農研機構が実施主体となる農林水産省の委託事業です。

生産者と関係機関、約100名が参集する中、オペレーター1人による自動運転トラクターと有人トラクターの同時耕起作業が実演されました。また、収穫しながらリアルタイムで食味と水分、収量を把握できるコンバインと、これに連動して相互に情報を確認できる乾燥調製施設について画像を交え、その利便性について解説されました。

スマート農業は、支援センターにおいても積極的に推進することとしており、全国各地で現地実証試験と実演会を重ね、多くの生産者のご意見を参考にして実用性を高めている過程にあります。近い将来、技術的にもコスト面でも実用性が高められ、現地に導入されることが期待されているところです。

トピックス一覧

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.