研究情報

オリジナル開発品種

長野県農業関係試験場にて開発した新品種/オリジナル品種をご紹介します。

信州大実(あんず)

信州大実

成熟期は育成地(長野県須坂市)では7月中旬に成熟する晩生種。「新潟大実」より約10日遅い。
果実の形は円形。果実の大きさは80~90g程度で大きい。
果皮は橙黄色でやや淡く、陽光面は紅色に着色する。裂果の発生は少ない。
果肉の色は橙黄色。
糖度はBrixで10%前後。甘味は中程度である。果汁の酸度はpH3.2程度である。
核は離核である。
加工は二つ割シロップ漬け用に適する。


栽培適地・普及状況

現在のアンズ栽培地域での適応性は十分である。

関連品種

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.