長野県農業関係試験場について

長野県農業試験場

農業試験場

農業試験場では、水稲、麦を対象として、品質と生産性向上をめざした新品種の育成、省力・低コストをめざした効率的な栽培技術、水田の高度利用技術、環境にやさしい栽培・病害虫防除技術、気象変動に対応した対策技術等について試験研究を行っています。
また、共通基盤部門として、地域農業の活性化に関する経営的支援手法および農業情報システムの開発、知的財産の適正管理と活用手法の開発、農産物の安全性確保と環境にやさしい農業技術の開発等について研究をしています。

例えばこんなことをやっています!

  • オリジナル品種の育成と知的財産の保護・活用

    オリジナル品種の育成と知的財産の保護・活用

    • 多収で高温障害が少なく、良食味の水稲品種「風さやか」
    • 酒造好適米「ひとごこち」「美山錦」
    • 越冬性に優れた良質食用大麦品種「シュンライ」など
    • 県オリジナル品種の品種識別技術の開発
  • 低コスト・省力化・高位安定生産技術の開発

    低コスト・省力化・高位安定生産技術の開発

    • ICTを活用した効率的生産体系の経営的効果の検証
    • 耕うん同時畝立て播種機を用いた麦および大豆の省力栽培技術
    • 施肥診断支援システム「Dr.大地」の開発 など
  • 環境にやさしい農業生産技術の開発

    • きのこ廃培地堆肥を用いたリン酸肥料代替技術
    • 各種有機物を用いた米の品質向上施肥技術 など
  • 地球温暖化対策技術の開発

    地球温暖化対策技術の開発

    • 高温登熱性に優れる水稲品種育成 など

農業試験場からのお知らせ

農業試験場の沿革

明治30年 長野県立農事試験場を上水内郡芹田村字若里に設置
大正10年 長野市中御所に移転、果樹試験地を長野市箱清水に設置
大正15年 下伊那分場を下伊那郡市田村に設置
昭和元年 稲熱(いもち)病試験地を南安曇郡豊科町に設置(昭和41年廃止)
昭和10年 冷害試験地を諏訪郡原村(現、原村試験地)に設置
昭和12年 桔梗ヶ原試験地を東筑摩郡広丘村に設置
昭和16年 飯山雪害試験地(昭和46年飯山積雪試験地と改称、平成4年廃止)を下水内郡飯山町の蚕業試験場飯山雪害試験地に併設
昭和22年 園芸分場を上高井郡須坂町に設置
昭和25年 園芸分場の設置に伴い、長野市箱清水の蔬菜試験場を廃止、果樹試験場を果樹母樹園に改称
昭和26年 農事試験場を農業試験場と改称、農林省長野農事改良実験所及び北御牧薬用人参試験地が県に移管
昭和36年 東部畑作試験地を設置(昭和51年に果樹試験場へ移管)
昭和38年 北御牧人参試験地を北御牧特用作物試験地と改称
昭和51年 長野県農業総合試験場農事試験場と改称し須坂市へ移転
昭和55年 長野県農事試験場と改称
平成元年 育種部を設置
平成9年 創立100周年を迎える
平成14年 病害虫部と土壌肥料部を病害虫土壌肥料部に統合
平成21年 農業総合試験場と統合し農業試験場と改称
病害虫土壌肥料部と農業総合試験場環境保全部を統合し環境部と改称、知的財産管理部を設置

アクセス

  • 農業試験場(管理部、企画経営部、知的財産管理部、環境部)

    • 住所〒382-0072 長野県須坂市小河原492
    • TEL026-246-2411
    • FAX026-251-2357
    • アクセス長野電鉄 須坂駅下車徒歩15分、上信越自動車道 須坂長野東ICより車で15分
  • 農業試験場(作物部・育種部)

    • 住所〒382-0051 長野県須坂市八重森下沖610
    • TEL026-246-9783
    • FAX026-248-6070
    • アクセス長野電鉄 日野駅下車徒歩10分、上信越自動車道 須坂長野東ICより車で10分
  • 原村試験地(諏訪郡原村)

    • 住所〒391-0100 長野県諏訪郡原村向坂上3853-3
    • TEL0266-79-2713(FAX兼用)
    • アクセス中央自動車道諏訪南ICから車で15分

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.