研究情報

研究成果『作物』

長野県農業関係試験場にて取り組んだ「作物」の研究内容とその成果をご紹介します。

普及技術 平成29年(2017年)農試・作物部

大豆作の一年生広葉雑草防除にアタックショット乳剤が有効である

アタックショット乳剤を処理することにより、帰化アサガオ類を含む一年生広葉雑草に対して高い防除効果が得られ、長野県の主要大豆品種に適用できる。

普及技術 平成29年(2017年)農試・作物部、農業技術課

移植水稲作のシズイ防除にブルゼータ1キロ粒剤とアトトリ1キロ粒剤の体系処理は有効である

移植水稲栽培においてブルゼータ1キロ粒剤をシズイ3cmまでに処理し、アトトリ1キロ粒剤をシズイおよそ25cmまでに処理することで、シズイの効果的な防除が可能である。

技術情報 平成29年(2017年)農試・環境部

温暖化が水稲の養分吸収に及ぼす影響

水稲の主要養分三要素の吸収量は温暖化を想定した高温処理条件で増加した。将来の温暖化条件において安定栽培を行うには、基肥量の削減が必要であるが、養分吸収量に比較して収量性は高くなく、肥料の効率は低下した。

技術情報 平成29年(2017年)農試・環境部

土壌の理化学性からみた大豆高収圃場と低収圃場の違い

大豆高収圃場と低収圃場の土壌の理化学性の違いは、土壌水分、物理性及び化学性の諸要因が挙げられ、圃場によって異なる。物理性では作土深、作土の仮比重、化学性では交換性石灰、全炭素、全窒素が収量に及ぼす影響が比較的に大きい。

技術情報 平成29年(2017年)農試・企画経営部、農業技術課

水稲の代かき、収穫作業におけるビデオ、テキスト等の学習教材を用いた農作業ノウハウの継承を補助する簡易マニュアル

ビデオ映像及び聞取り調査により農作業の知識・技術・技能・暗黙知といった農作業ノウハウを抽出し、学習教材を作成する簡易マニュアルを作成した。

技術情報 平成29年(2017年)農試・作物部、農業技術課

麦作におけるカミツレの発生消長と晩播による防除効果

カミツレの発生は、麦の標準期播種では播種1ヶ月後に最大となる。麦の晩期播種によりカミツレの出芽及び残草量が大幅に低下する。

技術情報 平成29年(2017年)農試・育種部、作物部、農業技術課

高標高地における「信交酒545号(山恵錦)」の玄米品質に関する特徴

「信交酒545号(山恵錦)」は作付け限界標高(700~850m)付近においても玄米加工品質が優れ、良質な酒造原材料の生産が可能である。

技術情報 平成29年(2017年)農試・作物部

過去の実測値に基づいた温暖化に伴う県内水稲作への影響評価

水稲作期中の温暖化による気温上昇程度、気温と収量、品質の関係を評価すると共に品質低下リスクが高い地域を明示した。さらに作期移動による高温登熟回避効果について評価すると共に、県産米の品質低下要因として緊急性の高い課題を抽出した。

技術情報 平成29年(2017年)農試・作物部

水稲の高密度播種における慣行の播種機と田植機を用いた栽培事例

慣行播種機及び田植機での、播種量250g/箱の高密度播種、移植作業は可能である。高密度播種苗は稚苗に比べ、出穂期、成熟期がやや遅れるものの、収量や品質は同等である。

普及技術 平成29年(2017年)農試・作物部、農業技術課

大豆作における一年生広葉雑草防除にフルミオWDGが有効である

フルミオWDGを10a当たり薬量10gとして処理することにより、マルバルコウを含む一年生広葉雑草に対して高い防除効果が得られる。

普及技術 平成29年(2017年)農試・作物部、農業技術課

移植水稲の水田雑草防除に初中期除草剤ベンケイ豆つぶ250、クミスター1キロ粒剤51、キマリテ1キロ粒剤、天空1キロ粒剤及びシグナス1キロ粒剤が有効である

移植水稲用初中期除草剤5剤は、ノビエなどの一年生雑草及び多年生雑草に幅広く有効な成分を含み、効果的な水田雑草防除が可能である。

技術情報 平成29年(2017年)農試・企画経営部

農作業用ウインチ型パワーアシストスーツ「クボタ WIN-1」装着時のコンテナ運搬作業における表面筋電位信号及び心拍数の測定事例

農作業を模したコンテナ運搬作業において、農作業用ウインチ型パワーアシストスーツ「クボタ WIN-1」の装着時は、非装着時と比較して、前腕、上腕、肩において表面筋電位信号が小さくなり、また、心拍数の上昇が小さくなる傾向がみられ、労力軽減効果の可能性がみられた。

技術情報 平成28年(2016年)農試・環境部

水稲「風さやか」のいもち病(葉いもち)に対する感受性の高まる葉色の目安

水稲「風さやか」のいもち病(葉いもち)に対する感受性はカラースケール値で3.5前後、葉緑素計SPAD値では35前後を境に高まる傾向が見られる。「風さやか」は「コシヒカリ」より、いもち病(葉いもち)の感受性が高まる葉色が淡いため、適切な栽培管理に努める必要がある。

技術情報 平成28年(2016年)農試・作物部

雑草イネに対する防除効果の変動要因

雑草イネに対する防除効果の変動要因は入水後からの温度条件による生育進度の差、代かきによる既発生個体の埋没不足、除草剤3剤体系における2回目までの防除効果の差異であった。

技術情報 平成28年(2016年)農試・・育種部、作物部、農業技術課

長野県で同定された雑草イネバイオタイプの識別指標

1990年代から2015年までに長野県内各地で発見同定された雑草イネには、9種類のバイオタイプがあり、それぞれ特徴的な形態を有する。これまでに得られた特性情報をまとめたチャート型の指標を参照することにより、簡易的にバイオタイプを判別できる。

研究成果の検索

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.