研究情報

研究成果『農薬情報』

長野県農業関係試験場にて取り組んだ「農薬情報」の研究内容とその成果をご紹介します。

病害虫 令和元年野菜花き試験場佐久支場

レタスのナモグリバエ防除にハチハチフロアブル及びグレーシア乳剤が有効である

レタスのナモグリバエ防除にハチハチフロアブルの1,000倍液及びグレーシア乳剤の3,000倍液を散布する。

病害虫 令和元年野菜花き試験場佐久支場

レタスべと病防除にゾーベックエンカンティアが有効である

レタスべと病防除にゾーベックエンカンティアの4,000倍液を散布する。

病害虫 令和元年野菜花き試験場佐久支場

ハクサイ炭疽病防除にベンレート水和剤が有効である

ハクサイ炭疽病防除にベンレート水和剤の2,000倍液を散布する。

病害虫 令和元年野菜花き試験場環境部

ねぎのネギハモグリバエ防除にリーフガード顆粒水和剤、ダントツ水溶剤、ベネビアOD、ディアナSCが有効である

ねぎのネギハモグリバエ防除にリーフガード顆粒水和剤1,500倍液、ダントツ水溶剤、ベネビアODの2,000倍液、ディアナSC2,500倍液のいずれかを散布する。

病害虫 令和元年野菜花き試験場環境部

ねぎのネギハモグリバエ防除にダントツ粒剤、ミネクトデュオ粒剤、ジュリボフロアブルが有効である

ねぎのネギハモグリバエ防除にダントツ粒剤若しくはミネクトデュオ粒剤を10aあたり6kg、定植時に植溝土壌混和する。又はジュリボフロアブルの200倍液をセル成型育苗トレイ1箱若しくはペーパーポット1冊あたり0.5L灌注する。

病害虫 令和元年野菜花き試験場環境部

レタスのアザミウマ類防除にディアナSCが有効である

レタスのアザミウマ類防除にディアナSCの5,000倍液を散布する。

病害虫 令和元年野菜花き試験場環境部

キャベツ、はくさいのコナガ防除にグレーシア乳剤が有効である

キャベツ、はくさいのコナガ防除にグレーシア乳剤の3,000倍液を散布する。

病害虫 令和元年野菜花き試験場環境部

いちごのハダニ類防除にサフオイル乳剤が有効である

いちごのハダニ類防除にサフオイル乳剤の300倍液を散布する。

病害虫 令和元年南信農業試験場栽培部

かきのクワシロカイガラムシ防除にアプロード水和剤が有効である

かきのクワシロカイガラムシ防除にアプロード水和剤の1,000倍液を休眠期(発芽前)に散布する。

病害虫 令和元年南信農業試験場栽培部

なしのニセナシサビダニ防除にクムラス及びハーベストオイルが有効である

なしのニセナシサビダニ防除にクムラスの300倍液又はハーベストオイルの50倍液を休眠期(発芽前)に散布する。

病害虫 令和元年果樹試験場環境部

すもものハダニ類防除にコロマイト乳剤が有効である

すもものハダニ類防除にコロマイト乳剤1,000倍液を散布する。蚕毒が特に強いため、桑園付近では使用しない。高温、乾燥時の散布は薬害を生じる恐れがあるので避ける。

病害虫 令和元年果樹試験場環境部

あんず、すもものアブラムシ類防除にコルト顆粒水和剤が有効である

あんず、すもものアブラムシ類防除にコルト顆粒水和剤の4,000倍液を散布する。

病害虫 令和元年果樹試験場環境部

もも、ネクタリンのハダニ類防除にダニゲッターフロアブルが有効である

もも、ネクタリンのハダニ類防除にダニゲッターフロアブルの2,000倍液を散布する。

病害虫 令和元年果樹試験場環境部

もも、ネクタリンのモモチョッキリゾウムシ防除にモスピラン顆粒水溶剤が有効である

もも、ネクタリンのモモチョッキリゾウムシ防除にモスピラン顆粒水溶剤4,000倍液を散布する。蚕毒が特に強いため、桑園付近では使用しない。

病害虫 令和元年果樹試験場環境部

ぶどうのチャノキイロアザミウマ防除にテッパン液剤が有効である

ぶどうのチャノキイロアザミウマ防除にテッパン液剤の2,000倍液を散布する。蚕毒が特に強いので、桑園付近では使用しない。

研究成果の検索

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.