研究情報

研究成果『畜産』

長野県農業関係試験場にて取り組んだ「畜産」の研究内容とその成果をご紹介します。

技術情報 平成29年(2017年)畜試・飼料環境部

アルファルファ単播草地における1番草収穫時の越年雑草と夏季のイヌビエ発生軽減策

アルファルファ単播草地では、越年雑草対策として4月上旬のチフェンスルフロンメチル剤散布、イヌビエ対策として7~8月の刈取り間隔を短縮し、3番草を8月上旬に収穫することで、雑草の発生を軽減できる。

技術情報 平成29年(2017年)畜試・飼料環境部

高品質なアルファルファロールベールサイレージ調製のための刈り取り・予乾法

アルファルファのロールベールサイレージ調製における目標水分は50~60%である。ディスクモーアによる刈り取り、直後にレーキで集草して予乾する方法は、ロールベーラ収穫の直前にレーキで集草する方法よりも葉部の損失が少なく、粗蛋白質含量が高い。

技術情報 平成29年(2017年)畜試・飼料環境部

とうもろこし子実の国産汎用コンバインによる収穫作業能率は、時間当たり50aである

とうもろこし子実の国産汎用コンバインによる収穫作業能率は、茎葉の表面が乾いた状態であれば時間当たり約50aで、時間当たりの収穫量は3.8t程度である。収穫係数(坪刈り収量に対する実収量の割合)は約80%である。

技術情報 平成29年(2017年)畜試・養豚養鶏部

低深度地中熱交換装置を利用した送風により授乳母豚の暑熱ストレスを低減できる

暑熱期に、外気を地下2mに配管した塩ビ管を通過させると、その温度は平均4.5(最大11.1)℃低下する。この空気を畜舎内配管により授乳母豚の頸部に送風すると、暑熱による呼吸数の増加や体表温度の上昇が抑制できる。

技術情報 平成29年(2017年)畜試・養豚養鶏部

哺乳子豚を出生時体重別に群編成し、母豚毎の授乳頭数を平均化すると、低体重子豚の発育が改善できる

2頭の母豚から同日出生した子豚を出生時体重により入れ替え、母豚あたりの授乳頭数を平均化するとともに低体重群と高体重群に編成すると、低体重子豚の発育が向上する。

技術情報 平成29年(2017年)畜試・養豚養鶏部

肥育後期豚に乾燥酒粕と飼料用米を給与すると特色のある豚肉が生産できる

肥育後期豚に、乾燥酒粕を20%、飼料用玄米を40%利用した自家配合飼料を給与すると、ロースの筋肉内脂肪割合が高く、脂肪中のリノール酸が少なくオレイン酸が多い豚肉になる。

技術情報 平成29年(2017年)畜試・酪農肉用牛部

黒毛和種繁殖雌牛へのFSH皮下1回投与によって、漸減投与法と同様の採卵成績が得られる

FSH20AUもしくは30AUを生理食塩水30mlに溶解し、黒毛和種繁殖雌牛に皮下1回投与すると、漸減投与法と同様の採卵成績が得られる。

技術情報 平成29年(2017年)畜試・酪農肉用牛部

オレイン酸を40%含むルーメンバイパス油脂を給与した肥育牛は、枝肉脂肪中のオレイン酸割合が高まる可能性がある

黒毛和種肥育牛の肥育後期にオレイン酸を40%含むパーム油脂由来のルーメンバイパス油脂を給与したところ、枝肉脂肪中のオレイン酸割合が高まる可能性が示唆された。

技術情報 平成29年(2017年)畜試・酪農肉用牛部

ダクトファンの24時間稼働及び夜間給餌の併用による暑熱対策は、黒毛和種肥育牛の採食量低下を抑制する傾向がある

黒毛和種肥育牛に対して、暑熱対策としてダクトファンの24時間稼働及び夜間給餌を実施したところ、採食量の低下が抑制される傾向が認められた。

技術情報 平成29年(2017年)畜試・酪農肉用牛部

乳用牛群検定成績からみた長野県検定牛群は分娩後のエネルギー不足期間の延長により繁殖成績が年々低下している可能性がある

長野県検定牛群は遺伝改良により初産牛で全乳期にわたる乳量の増加、2産と3産牛でピーク乳量が変わらずにピーク乳量到達日数が遅延している。このことから泌乳前期のエネルギー要求量が年々高まり分娩後のエネルギー不足の期間が延長し、繁殖成績が年々低下している可能性がある。

試行技術 平成29年(2017年)畜試・飼料環境部

茎葉型専用品種「たちすずか」「リーフスター」を使った乾田直播栽培によるイネWCS生産は、作業時間と燃料消費量が削減できる

乾田直播栽培で生産したイネWCSは、移植栽培と比較して収量は8割程度であるが、作業時間や燃料消費量は削減できる。また、翌年に食用品種を作付けした場合、飼料用イネの籾が混入する可能性は低い。

試行技術 平成29年(2017年)畜試・飼料環境部

飼料用ソルガム「東山交37号」は高消化性と紫斑点病抵抗性を併せ持つ晩生のソルゴー型品種である

飼料用ソルガム「東山交37号」は現在の市販品種にはない、高消化性と紫斑点病抵抗性を併せ持つソルゴー型ソルガムで、牛の消化性や選好性に優れ、紫斑点病に罹病しない飼料価値の高い品種である。

普及技術 平成29年(2017年)畜試・養豚養鶏部

精液の配布を開始したランドレース(L)および大ヨークシャー(W)種は繁殖成績良好で、デュロック(D)種は筋肉内脂肪割合が高い

新たに精液の配布を開始したL及びW種は繁殖成績良好で、D種は筋肉内脂肪割合が高い。これらの精液を用いて交雑(LW)雌豚及び3元交雑肥育豚を生産することで、筋肉内脂肪割合の高い豚肉が効率よく生産できる。

普及技術 平成29年(2017年)畜試・飼料環境部

飼料用とうもろこし「P1690」、「P2088」は多収で病害発生が少なく有望である

飼料用とうもろこし「P1690」は早生種、「P2088」は早生~中生種で、多収な系統である。「P1690」、「P2088」ともに主な病害の発生は奨励品種「タカネスター」と同程度に少ない。

技術情報 平成28年(2016年)畜試・飼料環境部、農業技術課

作溝型播種機あるいはディスクハローによる草地の簡易な植生改善法

作溝型播種機あるいはディスクハローにより簡易更新した草地は、翌春の1番草収量が低いが、2番草以降は全面更新法との収量差がなくなる。草地の維持にはハーモニー75DF水和剤による雑草の抑制と電気柵による獣害防止が有効である。

研究成果の検索

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.