研究情報

研究成果『技術情報』

長野県農業関係試験場にて取り組んだ「技術情報」の研究内容とその成果をご紹介します。

病害虫 平成29年(2017年)農業試験場、農業技術課

露地ぶどう棚の上部に約2.5m間隔で線径φ0.3mmの黒色極細ステンレスワイヤ(商品名「カラスハイレマ線」)を格子状に張ることでカラスの被害が防止できる

露地ぶどう棚の上部の枝や葉に触れない高さにグラスファイバー製のポールを使用し約2.5m間隔で格子状に線径φ0.3mmの黒色極細ステンレスワイヤ(商品名:「カラスハイレマ線」)を張ることでカラスの被害が防止できる

野菜・花き・きのこ・病害虫 平成29年(2017年)野花試・環境部

不織布を用いたレタスの被覆栽培によるチョウ目害虫の被害軽減効果

レタス定植直後から収穫2週間前まで、春作レタスでは不織布のべたがけ(じかがけ)被覆、夏秋作レタスでは支柱を用いた浮きがけ被覆を行うことで、チョウ目害虫による被害を軽減できる。

野菜・花き・きのこ・病害虫 平成29年(2017年)野花試・環境部、農業技術課

施設栽培カラーピーマンにおける高輝度LED防除器(レピガードシャイン)の設置によるオオタバコガの被害軽減効果

施設栽培カラーピーマンにおいて、高輝度LED防除器(レピガードシャイン)を全ての頂芽部が2ルクス以上になるよう設置(100㎡当たり3~4灯)し、オオタバコガ成虫発生期の日没前から日の出後まで点灯すると、オオタバコガ幼虫による被害を軽減できる。

野菜・花き・きのこ・病害虫 平成29年(2017年)野花試・環境部

輪作によるレタスすそ枯病の発病軽減

秋作におけるレタスすそ枯病は、春作にレタスを連作すると発生も増加し、ニンジン、マリーゴールド等を輪作すると発生が軽減される。輪作作物によっても発病軽減効果に差がある。

病害虫 平成29年(2017年)果樹試・環境部

ももに発生するアザミウマ類の種及び果実上での発生時期

もも園内で飛翔するアザミウマ及び新梢、果実に寄生するアザミウマは多種存在するが、果実に寄生する種はミカンキイロアザミウマが主体である。果実上でのミカンキイロアザミウマは、無袋栽培では成虫が着色始期頃から果実へ寄生し、収穫期にかけて幼虫が増加する。有袋栽培では除袋後に成虫の寄生が認められる。

病害虫 平成29年(2017年)果樹試・環境部

草生管理がりんご樹におけるナミハダニの発生に及ぼす影響

全面草生管理にすると、りんご樹のナミハダニの密度が抑制される傾向がある。

病害虫 平成29年(2017年)果樹試・環境部

総降水量・降雨強度が殺菌剤の防除効果に及ぼす影響

総降水量・降雨強度の増加に伴い、殺菌剤の防除効果が低下する。気象変動によって集中豪雨の出現頻度が高まった場合、農薬の防除効果が不安定になることが危惧される。

病害虫 平成29年(2017年)果樹試・環境部

長野県におけるリンゴ黒星病に対するDMI剤の防除効果

リンゴ黒星病防除に使用されている主なDMI剤の防除効果は現時点(平成29年)で低下しておらず、従来と同様の高い効果が得られている。DMI剤の一つであるフェナリモルに対しては感受性低下の兆候が認められるため、感受性低下が進行しないよう、DMI剤の使用を年2回以内とする。

病害虫 平成29年(2017年)農試・環境部

水稲「あきたこまち」のいもち病(葉いもち)に対する感受性の高まる葉色の目安

水稲「あきたこまち」のいもち病(葉いもち)に対する感受性はカラースケール値で4.5前後、葉緑素計SPAD値では40前後を境に高まる傾向が見られる。「あきたこまち」は「コシヒカリ」より、いもち病(葉いもち)の感受性が高まる葉色が濃い。

土壌肥料 平成29年(2017年)野花試・環境部

土壌蓄積養分を考慮したダイコンの可給態リン酸基準値

夏まきダイコンの栽培圃場において、可給態リン酸量が50mg/100g乾土以上であれば、リン酸肥料を全く施用しなくても、基準量を施用した場合と同等の収量が得られる。

土壌肥料 平成29年(2017年)野花試・環境部

0.5M塩酸抽出法による家畜ふん等を含む有機質資材の肥効評価とレタス減肥栽培

レタス栽培において0.5M塩酸抽出法で評価した家畜ふん等を含む有機質資材中の窒素、リン酸、カリ養分相当量は化学肥料代替できる。

野菜・花き・きのこ・土壌肥料 平成29年(2017年)野花試・環境部、農業技術課

レタス湿害対策を目的とした作溝処理による排水性の改善効果

レタス畑の湿害対策を目的として、全面マルチ栽培用の作業機に爪状のアタッチメントを取り付けて、作溝しながら畝立てを行うことにより排水性が改善される。

果樹・土壌肥料 平成29年(2017年)南信試・栽培部

日本なし「南水」樹体ジョイント仕立て樹の局所施肥による30%減肥栽培

日本なし「南水」樹体ジョイント仕立て樹において、3月下旬に各樹の主幹から50cm程度離れた位置へ、リニア型40日タイプの被覆尿素を局所施肥すると、生育初期から7月上旬にかけての窒素肥効が得られ、全面施肥の地域慣行より30%減肥しても同等の収量、品質が得られる。なお、本施肥法を継続すると、施肥部の作土のpH(H2O)が低下し、交換性塩基類が減少する。

果樹・土壌肥料 平成29年(2017年)果樹試・環境部、南信試・栽培部

りんご園土壌からの温暖化に伴う窒素無機化量の推定増加量

気温が2℃上昇した場合、県内りんご園土壌の地温の上昇は2℃以内に収まると考えられる。反応速度論的手法により県下りんご園16ヶ所の土壌の窒素無機化特性値を求め、無機化量を推定したところ、地温が2℃上昇した場合、土壌からの窒素無機化量は、概ね8~26%の増加が見込まれる。

果樹・土壌肥料 平成29年(2017年)果樹試・環境部

ふじ/M.9ナガノ10年生樹の施肥由来及び土壌由来の窒素吸収量

枠内に栽植したふじ/M.9ナガノ10年生樹において、礫質褐色森林土と多腐植質黒ボク土の年間窒素吸収量に占める肥料由来の割合は8~10%であった。残りを土壌由来とすれば、土壌由来は90~92%と推測され、りんご樹が吸収する窒素の大部分は土壌由来である。

研究成果の検索

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.